百獣の王ライオン

By admin ~ 2月 29th, 2012 @ 4:49 PM

動物界の頂点に君臨すると言われる、百獣の王ライオン。
久しぶりに真近で見てきました!!

そこは、アフリカンサファリと言われる所で、
人間がバス状になった檻の中に入り、野放しの動物達がいる草原へ行くと言う、
一般の動物園の逆パターンの見せ方をする動物園です。

乗客はお金を払って、動物達の餌になるお肉などを購入。
檻に駆け寄ってくる、本能むき出しの動物達に檻の中から餌やりが出来ます。

さて、出発して可愛らしい動物達に沢山出会いましたが、
その中でも真近で見るライオンと言ったらもう、怖すぎ!!
大きさもすごいし、お腹がすいていたのでしょうね。
檻に向かって口を開け、向かってくる姿が強烈で、よだれもすごいし、
肉をほおばるその姿が目に焼きついて離れません。
生きていくため、食べていくためには手段を選ばない、野性の姿がありました。

逆にトラは、クールで大きさも迫力もライオンと変わりませんが、
野生の本能むき出しと言うよりは、もらうものだけもらってクールに去っていくような、
食べ方もシンプルで綺麗で、よだれも少なくて、余裕がある感じでした。

その時の動物達の状況もあったのかもしれませんが、
ライオンよりもトラの方が品格があるような気がして…
トラってかっこいいなーと惚れ惚れしました。
しかし、忘れてはいけないのは、結局の所、動物園だって事。
人が作り、人に育てられている動物だって事。

本物のサバンナの中で、野生の本能だけで生活する動物は常に命がけで、
余裕なんて無いはずです。
その中で、百獣の王と言われるライオンさえ、
自分達の子どもを守り育てていくために食べていく(狩りを行う)ので精一杯。
下手すれば自分が傷つけられて死んでしまうかもしれない、
その中で、ライオンなりの幸せをみつけるのでしょうが、毎日が命がけの戦いですよね。

すごいなー。

きっとそのなかで「百獣の王」と言われえるだけの理由がライオンにはきっとあるんだろうな。

RSSSubscribe to blog feed.

Comments are closed.

Leave a Reply

©2007-2017 1.2.3.のなる木 | powered by WordPress | Theme Design:Fat Cat Designs