これってどうなの?気になる接客態度

By admin ~ 3月 5th, 2012 @ 3:00 PM

ホテルマンを5年間やっていた私はよく、
「この接客態度はなに?」と疑問に感じることが多々あります。
お客様があっての商売であればなんだって接客業になると思うのですが、
今日娘とバスに乗った時も同じような疑問を持ってしまいました。

幼い子どもを抱っこしていた私が、腰かけるまで発車せずに待っていてくれたことは大変ありがたくおもっていましたが、
その直後一人のご年配の方が「○病院はいくかい?」と運転手に聞きました。
しかしそこで驚くべき返答が返ってきました。

「はっ?そんなとこ停まらないし大体そこどこ?」

これはいくらなんでもひどい態度です。
そのご年配の方は「これ、○駅行きでしょ?いつも停まると思うんだけど」
と、確かに住所も言わずに曖昧なことをいってはいたものの、相手はお客様です。
もっと丁寧に受け答えるべきだったのでは?と非常に不快に思いました。
運転手は態度を変えずに、
「俺はそんな病院知らないから教えようがない、いつもこれに乗ってるなら大丈夫じゃないんですか?」と投げやりに言いました。
思わず、こちらから口をだしたくなるような態度でした。
そもそも、「俺」は不適切すぎます。言い方一つでお互い気分よく会話することができるのに、今回のやり取りは、周りをも不快にさせるやり取りでした。

ただ運転してればいいなら、誰だってできます。本当にわからなくても、
近くに何がありますか?などすこし質問を変えれば、簡単に答えられたかもしれません。
私はホテルの学校へ行った後実際ホテルでも働き、
「ホテルマンはNOとはいってはいけない」と教わりました。
例え無理なお願いでも、
すこしやり方を変えれば、YESに変えられることもあります。
そこまでしろとは言いませんが、最低限の受け答えはしてほしいものです。

結局そのバス停は確かにありませんでしたが、その病院の前にバスは停まりました。
確かに停留所の名前は違うけれども、もう少しお話をきいてあげていたら、
安心して、そのご年配の方はバスに乗れていたかと思います。
時間に追われ、事故を起こさずに目的地までお客様を運ぶ、
これは大事なことですが、はたしてそれだけでいいものなのかと、
改めて疑問に思い、とても不愉快な気持ちになりました。

今、娘が声優学校へ通おうとしています。
声優学校を出たら、その後は声優の世界なり、他の世界なり社会で働くことになります。
その時に、こんな対応しかできない社会人にはなってほしくないと強く思いました。
社会人でなくても、高校生でさえもっと誠実な対応ができるはずですしね。

そういえば、話は変わりますが声優学校って色々あるんですね。
イメージ的には狭い世界で学校などもあまりないのかと思っていました。
でも人気職業、競争も激しいようです。
揉まれて揉まれてどんどん成長してほしいです。
素敵な大人になりますように。

RSSSubscribe to blog feed.

Comments are closed.

Leave a Reply

©2007-2017 1.2.3.のなる木 | powered by WordPress | Theme Design:Fat Cat Designs