ズルッとイクのも時間の問題

By admin ~ 11月 13th, 2012 @ 9:18 AM

ダンナのとうちゃんはハゲチャビンです。
ヅルっとイッちゃってます。。
ダンナのにいちゃんもツルッパゲです。
30才前にはズルったそうです。
その二人を見ればもう、ダンナの未来はドドメ色です。
ミジンコほどの希望があるとすれば、かあちゃんがハゲてません。
かあちゃんの家系自体にハゲがいません。
パンドラの箱から最後に出た希望という子も、とても小さな子だったそうなので、その小さな小さなコトを心の支えにしています。

ハゲる前というのは、なにかお知らせがあったのか?とハゲ両人に訊くと、「あった!」と答えます。
なにしろ頭が痒かったと。
洗っても洗っても、洗ったそばから痒いかったのだそうです。
ゴリゴリ掻くと、集めればカツラが出来るのではないのか?というほどの髪の毛が抜ける。
そうこうしてるうちに、ズルッといったというのです。
ダンナは今、30代半ば過ぎ。
両人はその年にはもうイッちゃってたらしいですから、よく持ちこたえていると思います。

結婚する前、ダンナの両親が「ハゲる前に嫁をもらっとかんと、ハゲた後じゃ難しいぞ」と言っていたそうです。
ハゲてるからといって、私がダンナを嫌うということは無かっただろうと思います。
思いますが、ここまで持ちこたえたのだから、なんとかもう少し頑張れ!と、エールは送り続けています。

色々とスカルプケアの商品は売られていますよね。
値段的にはピンキリありますが、お高いほうが効くのでしょうか。
宣伝でマイナスイメージを持たすことはしないでしょうから、どれもこれもいいことばかり書いてあります。
いいことを書いていてくれるのは構わないのですが、「こういうコトは望めませんよ!」とかも書いてくれないでしょうか。
「この値段でそこまで望んじゃいけやせんぜ」とか「そうしたいならと2000円は出しておけ!」とか。
無理ですか?無理ですね、そうですね。

というのはですね、この頃痒がるんですよ、頭皮。
掻いたら抜ける!と本人思ってますから、爪楊枝でつんつんと叩いたり、それこそデリケートに扱っている様子ですが、痒くてたまらないらしい。
とうとう来たか!
「ガーンと刺激があるシャンプーじゃなくて、優しい優しいシャンプーにしたらどう?」と言っているのですが、痒いもんだからどうしても「どうだ!スカルプだぜ!」と言わんばかりのモノを選んでいるようです。

雨上がりの宮迫さんを増えさせたシャンプーはどうでしょうね。
誕生日にフルセット買ってあげようかしら。。。

RSSSubscribe to blog feed.

Comments are closed.

Leave a Reply

©2007-2017 1.2.3.のなる木 | powered by WordPress | Theme Design:Fat Cat Designs